O&D Wire – Metal Workshop

O&D Wire – Metal Workshop

3D描画や精度の高い計算を行うコンピューターや近代的な機械が組み合わされて使われることによって、ワイヤーをひとつひとつ組み合わせて構造体となるWire-Collectionのような製品を作り出すことが可能となりました。しかしながら、最終的な製造工程、特に溶接工程においては全てのロッドが正しい位置に取り付けられるような特別な型枠を用いることで、ひとつひとつの溶接部分を人間の手でもって丁寧に施されることができました。

O&D_Wire_MetalWork7

O&D_Wire_MetalWork5

O&D_Wire_MetalWork6

O&D_Wire_MetalWork8

O&D_WireCollection_metal16

O&D_WireCollection_metal13

O&D_WireCollection_metal15

O&D_WireCollection_metal12

O&D_WireCollection_metal10

O&D_WireCollection_Workshop11